筋肉少女帯オフィシャルブログ「筋少の大ブログ」

2017031623570000.jpg
大阪が終わり、リキッドルーム、赤坂ブリッツの筋肉少女帯まで数日の間。DVDを観たり本を買ってみたり。今とても「暴走パニック 大激突」が観たい。チンピラヤクザとメンヘラ娘を描いた東映のアクション映画。この2人の物語は、最終的には王子さまとお姫さまのおとぎ話のような、ロマンチックなファンタジーへと化して行く。このダメな2人はなんて美しい!と最初観たとき驚いたもんです。美しい!と言えば、最近映画化されたと聞いて「え?あれを?」驚いて思わず購入した三島由紀夫先生の「美しい星」。こちらは文豪が書いたUFO体験についての小説としてオカルト好きには有名で、読み始めたら思っていたよりガッツリと空飛ぶ円盤についての話でうれしくなりました。内的体験としてのUFO現象をこの時代に詳細に記した序盤からもう先生すごいっす!「何かが存在しないなら、それが存在すべきなのだ」という作中の一文はUFOのみならずUMAなども含めて不思議の核心をついておられます。ぜひファミリー劇場の緊急検証シリーズに出ていただきたかった。オーケンと辛酸なめ子さんの間の席あたりで。赤坂ブリッツ筋少ライブはニコ生もあります。リピートもあるとのこと。がんばります。
2017-03-17 00:09 この記事だけ表示