筋肉少女帯オフィシャルブログ「筋少の大ブログ」

バイリンガル[橘高文彦]

どーも、橘高です!いよいよ明日は、「大槻ケンヂと橘高文彦」のアンプラグドLIVEで、筋少のメンバーとしては実に8年振りの、大阪公演を迎えることになりました。

無事、ヘビメタ激弾き橘高文彦の攻略(笑)も終え、異種格闘技戦のようなリハも楽しかったです。大槻は勿論の事、今回、初めてのセッションとなる、ちえさん、あさちゃんという才能溢れるミュージシャン達からの刺激による、一風変わったアンプラグドLIVEを、明日はおもいっきり楽しもうと思っています。

個人的には、帰郷にもなります。別に、実家に帰ったりする訳ではないですが、やはり大阪に向かう前日は、正直、特別な感情が起こります。

14歳の時に上京し、すでに東京生活の方が長くなった自分ですが、何年経っても、帰るという気持ちは変わりません。

一時期、大阪から沢山のヘヴィーメタルバンドが東京でデヴューしだした頃、東京のバンド(AROUGE)でデヴューした自分は、彼らと飲む機会も増え、困った事が起こるようになりました。

言葉の問題です。彼らと話すと、関西弁になってしまうのです。でも、東京出身の我がバンドメンバーとは、東京弁で会話していたので、それらが同席している場では、ぐちゃぐちゃになるのです。しかも、どっち弁にもなってなく、「オレは、何人だ?」と思うこともしばしばでした。

あるとき、帰国子女の友人が、英語と日本語の混じった、むちゃくちゃな言語で話しているのを聞いた時、「こいつ、オレみたいだなぁ・・・。そうか、オレは、大阪弁と東京弁のバイリンガルなんだ!」と気付き、その友人同様、どちらのネイティブでも無くなった様な、変なコンプレックスから解放されました。(バイリンガルだと思うと、当時もてはやされていた事もあって、カッコ良く思えたのです。バカですね・・・。)

さて、明日はどうなるのでしょうか?隣には、東京都出身「大槻ケンヂ」が、オレの目前には多数の「大阪府民」が、さらに、数年振りに、我が兄(現在、大阪市内在住)が遊びに来ると言ってます。

明日、オレが変なイントネーションで喋ってても、笑ってやってくださいね!

とにかく、明日が楽しみです。

2006-09-15 16:30 この記事だけ表示